読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

生薬名(は~ほ)

翻白草

○翻白草(ほんぱくそう) 日本の近畿地方以西、朝鮮半島、中国に分布するバラ科の多年草ツチグリ(Potentilladiscolor)の根を含む全草を用いる。 花が開花する前に蕾をつけたまま採取する。葉の裏が綿毛のために白くみえることから翻白草、肥厚した根がその…

牡蠣肉

○牡蠣肉(ぼれいにく) イタボガキ科のマガキをはじめ、中国では近江牡蠣、大連湾牡蠣などの肉を用いる。中国ではカキの肉を一般に蠔(hao)という。カキニクは「海のミルク」と呼ばれるように、グリコーゲン、タウリン、必須アミノ酸のほか、銅、亜鉛、マン…

牡丹皮

○牡丹皮(ぼたんぴ) 中国を原産とし、中国北西部に自生するボタン科の落葉低木ボタン(paeoniasuffruticosa)の根皮を用いる。ボタンは中国を代表する国花で花王とも讃えられ、古くから薬用や観賞用に栽培され、唐代に大流行したといわれる。 日本には奈良…

補骨脂

○補骨脂(ほこつし) インド原産で、インドから東南アジアに分布するマメ科の一年草オランダビユ(Psiraleacoyylifolia)の成熟した果実(種子)を用いる。 補骨脂はその薬効を表した名といわれるが、婆骨脂は破故紙などいずれも同じような中国音を当てた別…

蒲公英

○蒲公英(ほこうえい) 北半球の温帯から寒帯にかけて広く分布するキク科の多年草タンポポ属の全草を用いる。日本のタンポポには在来種のカントウタンポポ(Taraxacumplatycarpum)やカンサイタンポポ(T.japonicum)、帰化したセイヨウタンポポ(T.officina…

朴樕

○朴樕(ぼくそく) 日本各地の山林に自生するブナ科の落葉高木クヌギ(Quercusacutissima)などの樹皮を用いる。クヌギの名は「国木」に由来するが、朝鮮半島、台湾、中国にも分布する。ただし、中国の生薬名はクヌギの樹皮を橡木皮、果実を橡実という。一方…

朴硝

○朴硝(ぼくしょう) 天然の芒硝を加工して得られる組成結晶のことである。天然の芒硝を熱湯に入れて溶解した後、泥や挾雑物を濾したものを冷却して得られる結晶を皮硝といい、上層部分の細く尖った結晶を芒硝、底に沈殿した塊を朴硝という。また結晶のうち…

蒲黄

○蒲黄(ほおう) 世界各地の温帯に分布するガマ科の多年草ヒメガマ(Typhaangustata)やガマ(T.latifolia)、コガマ(T.orientalis)などの花粉を用いる。これらガマの全草を中国では香蒲と称して用いる。 ガマは水湿地の水底から直立して生え、造園や生け…

蜂蜜

○蜂蜜(ほうみつ) ミツバチ科の昆虫、ミツバチ(Apiscerana)がつくった蜜糖を用いる。ミツバチが花蜜を吸い、いったん前胃に入れ、巣に帰ってこれを吐き出すため、唾液中の酵素によって花蜜中のショ糖は加水分解されて大部分が果糖およびブドウ糖の転化糖…

防風

○防風(ぼうふう) 朝鮮、中国北部から東北部、モンゴルにかけて分布するセリ科の多年草ボウフウ(Saposhnikoviadivaricata)の根を用いる。ボウフウは日本には自生しておらず、日本で防風といえば浜辺に自生するハマボウフウ(Glehnialittoralis)のことを…

虻虫

○虻虫(ぼうちゅう) アブ科のウシアブなど幾つかの種類のアブ(虻)の雌の全虫を乾燥して用いる。アブというのは、双翅目の昆虫のうち、ハエ、カ、ブユなどを除いたものを一括した呼称である。 ハナアブなどは動物を刺したりしないが、ウシアブなどは家畜を…

芒硝

○芒硝(ぼうしょう) 天然に産する芒硝(Mirabilite)を再結晶精製したものを用いる。天然の芒硝は内陸の塩湖に形成される。この芒硝を熱湯で溶解し、濾過した後に冷却して上層にできる結晶を芒硝、下層の結晶を朴硝という。すなわち朴硝は不純物がやや多く…

芒硝

○芒硝(ぼうしょう) 天然に産する芒硝(Mirabilite)を再結晶精製したものを用いる。天然の芒硝は内陸の塩湖に形成される。この芒硝を熱湯で溶解し、濾過した後に冷却して上層にできる結晶を芒硝、下層の結晶を朴硝という。すなわち朴硝は不純物がやや多く…

芽根

○芽根(ぼうこん) 日本全土をはじめアジアやアフリカなどに広く分布するイネ科の多年草チガヤ(Imperatacylindrica)の根茎を用いる。日当たりのよい土手や堤防などに群生している。 春先の花序がまだ葉鞘内にあるときには甘みがあり、ツバナと呼ばれて食べ…

硼砂

○硼砂(ほうしゃ) 乾燥地帯の湖水または鹸湖に産するホウ素やホウ酸の原料鉱石である硼砂(ボラックス:Borax)を精製してできた結晶を用いる。白色で粒状あるいは土塊状の硼砂を沸騰水に溶かした中に、麻縄を垂直に降ろして漬け、析出した結晶を取り出して…

望江南

○望江南(ぼうこうなん) 熱帯アメリカ原産のマメ科の一年草ハブソウ(Cassiaoccidentalis)の茎葉を用いる。日本には江戸時代に渡来し、小笠原諸島や沖縄県では野生化している。 日本では種子も望江南というが、中国では種子を望江南子という。マムシ(ハブ…

望月砂

○望月砂(ぼうげっしゃ) ウサギ科動物、モウコウウサギ(Lepustolai)などの野兎の乾燥した糞を用いる。モウコ兎は中国東北部から内蒙古にかけて分布しているが、そのほか中国各地に生息している種々の野兎の糞も用いる。 秋ごろに野草を刈った後、見つけた…

防已

○防已(ぼうい) 日本ではツヅラフジ科のオオツヅラフジ(Sinomenium acutum)の茎や根茎を防已あるいは漢防已といい、アオツヅラフジ(Cocculus trilobus)の茎や根茎を木防已という。 中国産の防已(漢防已)の基原植物はツヅラフジ科のシマハスノハカズラ…

ヘンルーダ

○ヘンルーダ 南ヨーロッパ原産のミカン科の多年草ヘンルウダ(Rutagraveolens)の全草を用いる。日本には明治初期に渡来し、薬用植物として栽培されている。 全草に特異な香りがあり、葉を本に挟むとシミの害の予防になる。ヨーロッパでは古来より葉をソース…

扁桃

○扁桃(へんとう) 西アジア原産で、世界各地で栽培されているバラ科の落葉高木アーモンド(Prumus dulcis)の種子(仁)を用いる。アーモンドは仁を食用とする果樹で、約4000年前からヨルダン地方で栽培され、現在では主に地中海沿岸や米国のカリフォル…

萹蓄

○萹蓄(へんちく) 日本各地および世界の温帯から亜熱帯にかけて分布するタデ科の一年草ナワヤナギ(Polygonum aviculare)の全草を用いる。別名をミチヤナギともいうが、庭や道によく生えて葉がヤナギに似ているためにその名がある。 成分にはフラボンのア…

ベラドンナ

○ベラドンナ 西アジアを原産とし、ヒマラヤの山岳からイラン、ヨーロッパ中南部に分布するナス科の大型多年草ベラドンナ(Atropa belladonna)の葉をベラドンナ葉、根をベラドンナ根という。 ベラドンナとは「美しき(ベラ)婦人(ドンナ)」という意味で、…

ペヨーテ

○ペヨーテ メキシコ北部からアメリカのテキサス州南部にかけて分布するサボテン科のウバタマ(Lophophora williamsii)の茎頂部を用いる。サボテンとしては小型で、直径5~10cm、高さ3~6cmの偏平な青緑色をした球形で、トゲはなく乳房状のイボがあ…

紅更紗

○紅更紗(べにさらさ) 本州北部から北海道に分布するマメ科の多年草エゾノレンリソウ(Lathyrus palustris var.pilosus)の全草を用いる。レンリソウ(連理草)とは小葉が対生する様子を表した名で、スイートピーと同属植物である。 エゾレンリソウは別名ベ…

別甲

○別甲(べっこう) スッポン科のスッポン(Amyda japonica)およびシナスッポン(A.sinensis)の背および腹の甲羅を用いる。一般に背の甲羅が使用される。背甲を煮詰めたニカワを別甲膠という。 スッポンは淡水に生息し、背甲は淡い灰緑色の楕円形で亀甲がな…

屁糞蔓

○屁糞蔓(へくそかずら) 日本各地、朝鮮半島、中国、台湾、フィリピンなどに分布するアカネ科のつる性多年草ヘクソカズラ(Paederia scandens)の果実や全草、根を用いる。茎や葉には独特の悪臭があり、そのため屁糞蔓とか鶏屎藤といった気の毒な名前がある…

文蛤

○文蛤(ぶんごう) 二枚貝のマルスダレガイ科ハマグリ(Meretrix meretrix)などの貝殻を用いる。ハマグリは日本、朝鮮半島、中国南部の近海に多く産し、肉は食用にされる。また近縁のオキシジミ(Cyclina sinensis)の貝殻とともに海蛤殻としても用いられて…

プルーン

○プルーン コーカサスからイランの北部を原産とするバラ科の落葉果樹セイヨウスモモ(Prunus domestica)の乾燥果実をいう。 スモモにはおもに中国や日本を原産とする日本スモモ(P.salicina)と欧米で栽培されている西洋スモモとがある。西洋スモモは古代か…

浮萍

○浮萍(ふひょう) 日本の各地をはじめ世界中の温帯、熱帯に広く分布し、沼や池、水田などの水面に浮かず水草、ウキクサ科のウキクサ(Spirodela polyrrhiza)やコウキクサ(Lemma minor)の全草を用いる。 成分には酢酸カリウムや塩化カリウム、ヨウ素、臭…

仏手柑

○仏手柑(ぶっしゅかん) インド原産のミカン科の常緑低木ブッシュカン(Citrus medica)の果実を用いる。果実は先が5~10本に指状にわかれ、その特異な形のために仏手柑と呼ばれる。 ブッシュカンはシトロンの変種とされ、シトロンはマルブッシュカンと…

藤瘤

○藤瘤(ふじこぶ) 本州、四国、九州の山地に自生する日本特産のマメ科のつる性落葉低木フジ(Wisteria floribunda)の樹皮にできる瘤を用いる。中国の「藤」はシナフジ(W.sinensis)のことであり、別の植物である。 日本の民間療法ではフジの老木に生じる…

附子

○附子(ぶし) 北半球に広く分布するキンポウゲ科の多年草トリカブト属の子根を用いる。トリカブト属は毒草として世界的に知られ、古くから毒殺に用いられたり、アジアではアイヌ民族などで矢毒としても利用されていた。インドや中国では古代より薬用として…

茯苓

○茯苓(ぶくりょう) 日本、中国、北米に分布し、アカマツやクロマツなどの根に寄生するサルノコシカケ科のマツホド(Poria cocos)の菌核を用いる。菌核とは菌糸の塊で、不規則な塊状をなし、大小も様々である。中には重さ1kg以上で人の頭ぐらいの大きさ…

伏竜肝

○伏竜肝(ぶくりゅうかん) 中国華北地方の黄土で作ったカマドを長期間使用した後、カマドの底中央にある焼けた土塊を用いる。焦げて黒くなった部分は除く。日本では素焼きの土器を焼いたものや長年使った七輪を砕いたもので代用している。金匱要略にある黄…

覆盆子

○覆盆子(ふくぼんし) 中国や日本の四国や九州に分布しているバラ科の落葉低木ゴショイチゴ(Rubus chingii)などの未成熟な果実(偽果)を用いる。ゴショイチゴはキイチゴ属のひとつで、一説に果実の形がふせた盆に似ていることから覆盆子という名があると…

茯神

○茯神(ぶくしん) 木材腐朽菌の一種。サルノコシカケ家のマツホド(Poria cocos)の菌核、茯苓のうち、とくにマツの根を抱いたものを茯神という。中の松の根は茯神木という。茯神の表面に朱砂の細粉をまぶしたものを朱茯神という。 茯神には安神・利水の効…

福寿草根

○福寿草根(ふくじゅそうこん) 日本各地、朝鮮半島、中国東北部、シベリア東部に分布するキンポウゲ科の多年草フクジュソウ(Adonis amurensis)の根を用いる。フクジュソウは旧暦の元旦ごろに花が開くため、とくに元旦草とか朔日草とも呼ばれ、正月の床飾…

○蕗(ふき) 日本では本州、四国、九州、朝鮮半島、中国に分布するキク科の多年草フキ(Petasites japonicus)の花茎あるいは根茎を用いる。日本ではフキを「款冬」と書くこともあるが、中国語の款冬とはキク科のフキタンポポのことである。 フキは日本特産…

蕪荑

○蕪荑(ぶい) 中国東北部、朝鮮半島、シベリア半島に分布するニレ科の落葉小高木チョウセンニレ(Ulmus macrocarpa)の果実を加工したものを用いる。 果実は偏平で種子の周囲に広い翼がある。これを採取して日干しにし、揉んで翼を除き、種子を取り出し、水…

檳榔子

○檳榔子(びんろうじ マレー半島烏原産でインドネシア、フィリピン、中国南部などに植栽されるヤシ科の常緑高木ビンロウ(Areca catechu)の種類を檳榔子といい、その果皮を大腹皮という。 種子は長さ3cmぐらいのおむすび型をしており、表面に網目の模様…

枇杷葉

○枇杷葉(びわよう) 中国の揚子江地方を原産とするバラ科の常緑高木ビワ(Eriobotrya japonica)の葉を用いる。葉の裏の絨毛はブラシなどで取り除いて用いる。またビワの葉から蒸留して得られた液を枇杷葉霜という。 ビワの名は葉の形が楽器の琵琶に似てい…

白花蛇

○白花蛇(びゃっかだ) 中国南部、台湾に生息するクサリヘビ科のゴホダ(Agkistrodon acutus)、コブラ科のアマガサヘビ’Bungarus multicinctus(などの毒蛇の内臓を除去した全体を用いる。 五歩蛇は別名を尖吻腹ともいい、体長約150cmで、全体が灰褐色…

白僵蚕

○白僵蚕(びゃっきょうさん) カイコガ科のカイコの幼虫が白僵菌に感染し、白く硬直して死んだものを乾燥して用いる。養蚕は4000年以上前から中国で始められ、日本にも3世紀までには伝えられたとされている。繭を取り去った後のカイコの蛹は、古くから…

白蘞

○白蘞(びゃくれん) 中国原産のブドウ科のつる性落葉低木カガミグサ(Ampelopsis japonica)の根を用いる。日本には江戸時代に薬用として渡来したものだが、カガミグサの学名にはヤポニカとある。野ブドウの仲間で、秋になると白、紫、青など色とりどりの球…

白扁豆

○白扁豆(びゃくへんず) 熱帯原産とされるマメ科のつる性一年草フジマメ(Dolichos lablab)の白色種子を用いる。フジマメの花は扁豆花、守皮は扁豆衣といわれ、薬用にされる。花がフジの穂と似ているためにフジマメといわれ、たくさん採れることから千石豆…

白附子

○白附子(びゃくぶし) 白附子は附子のひとつとして考えられると同時に、異なる基原を有する生薬である。朝鮮半島から中国の黒竜江・吉淋・遼寧省などに分布するキンポウゲ科の多年草キバナトリカブト(Aconitum coreanum)の塊根を関白附という。また河南、…

白部

○白部(びゃくぶ) 中国原産のビャクブ科のつる性多年草ビャクブ(Stemona japonica)の塊根を用いる。ビャクブは江戸時代に薬草として日本に渡来したものであるが、学名をステモナ・ヤポニカという。そのほか同属植物のタチビャクブ(S.sessulifolia)やタ…

百草霜

○百草霜(ひゃくそうそう) 柴や雑草を燃やした後、かまどや煙突の内部に付着した煤を用いる。百草とはさまざまな草のことをいい、霜とは焼いた後の灰のことである。一般に炭末には吸着作用、包皮作用があり、下痢の際の粘液や腸管内毒素を吸着したり、潰瘍…

白薇

○白薇(びゃくび) 日本の全土、中国、朝鮮半島などに自生するガガイモ科の多年草フナバラソウ(Cynachum atratum)の根を用いる。そのほか中国東北部に自生する蔓生白薇(C.versicolor)の根も用いる。 フナバラソウは黒紫色の花が咲き、裂けた果実の形が舟…

白檀

○白檀(びゃくだん) インドネシアやマレー半島を原産とするビャクダン科の常緑小高木ビャクダン(Santalum album)の心材を用いる。中国では一般に白檀香という。ビャクダンは半寄生植物で幼樹は他の植物の根に寄生するが、葉には葉緑素をもち、生長すると…