漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

黄狗腎

>○黄狗腎(おうくじん)

 食用である。イヌ科のイヌ(Canis familiaris)の雄の睾丸、陰茎を用いる。牡狗陰茎、狗鞭、狗腎、あるいは広東省広州産が有名なため広狗腎ともいわれる。ただし単に狗腎といえば腎臓を指すこともある。ちなみに海狗腎といえばオットセイの陰茎・睾丸のことである。

 犬の種類は非常に多いが、一般に柴犬のような家犬が飼育されている。そのほか中国ではイヌの肉は狗肉、胃の中の結石を狗宝として薬用にしている。冬に陰茎と睾丸を切り取って、まっすぐにして乾燥する。乾燥した陰茎は長さ12cmくらいで、3~4cmの楕円形をした睾丸が輪精管とつながっている。

 漢方では補陽・強壮の効能があり、インポテンツや帯下などの症状に用いる。滋養・強壮薬の至宝三鞭丸に含まれる三鞭とは黄狗腎と海狗腎、および鹿の外生殖器である鹿鞭のことである。なお狗肉には温腎・滋養の効能があり、狗宝には降逆・開欝・解毒の効能がある。

広告を非表示にする