漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

鵝管石

○鵝管石(がかんせき)

 暖かい浅瀬に生息する腔腸動物のレキサンゴ(Balanophyllia sp.)の石灰質骨格(珊瑚鵝管石)を用いる。しかし地方によって鉱物である鍾乳石の先端部分や管状の滴乳石を鵝管石(鍾乳鵝管石)として用いている。珊瑚は直径5mmくらいの円管状で内部は海綿状になっている。

 漢方では止咳・補陽・通乳の効能があり、喘息や咳嗽、インポテンツ、乳汁不足などに鍾乳石と同様に用いる。鍾乳鵝管石は元気を補い、嗄声を治し、去痰し、喘息や咳嗽を改善する。ただし長期間服用すると胃石を形成するといわれている。

広告を非表示にする