漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

栝楼根

○栝楼根(かろこん)

 中国から朝鮮半島インドシナに分布するウリ科のつる性多年草、トウカラスウリ(Trichosanthes kirilowill)、及び日本の北海道から沖縄県に分布するキカラスウリ(T.kirilowill var.japonica)の根を用いる。すなわち日本産はキカラスウリ、中国産はトウカラスウリであるが、現在の日本市場ではほとんど輸入品のトウカラスウリの根である。

 中国ではトウカラスウリを天瓜といっていたのが天花に変わり、一般に天花粉と呼ばれている。またトウカラスウリの果実は栝楼、果皮は栝楼皮、種子は栝楼仁という。

 トウカラスウリの根には多量のデンプンのほか、トリコサン酸などの脂肪酸、アルギニンなどのアミノ酸シトルリンスティグマステロールなどが含まれており、抗腫瘍作用やインターフェロン誘起作用が知られ、また中国では抗腫瘍作用などが報告されている。

 漢方では潤肺・止瀉・排膿の効能があり、発熱による脱水傾向、乾燥性咳嗽、口渇、煩躁、化膿性疾患などに用いる。また中国では栝楼根から抽出した注射液を胞状奇胎や人工中絶に応用している。根のデンプンは天花粉といい、かつて乳児のベビーパウダーはデンプンに亜鉛華などを加えたものがほとんどである。

広告を非表示にする