漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

蟾蜍

○蟾蜍(せんじょ)

 ヒキガエル科のシナヒキガエル(Bufo bufo gargarizans)。ヘリグロヒキガエル(B.melanostictus)などの全体のまま乾燥したものを用いる。これらの耳後腺および皮膚腺からの分泌物が蟾酥であり、皮、舌、肝、胆なども薬用にされる。

 シナヒキガエルは中国全土に分布し、泥の中や岩石の下に生息する体長10cm以上のカエルで、皮膚には多数のイボが密に分布している。ヘリグロヒキガエルは中国南部に分布し、体長は10cm以下で全身がざらざらした黄褐色のカエルである。これらヒキガエルの耳の後ろには耳腺があり、有毒な乳液が分泌される。

 漢方では解毒・消腫・消癥の効能があり、疔疳などの腫れ物や腹部腫瘤、浮腫、小児の疳症などに用いる。小児の脾疳には黒焼きにした蟾蜍に人参・甘草を配合する(蟾蜍散)。ちなみに日本ではヒキガエルのことをガマ(蝦蟇)ともいうが、中国での蝦蟇はアカガエル科のヌマガエルのことである。

広告を非表示にする