漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

土瓜根

○土瓜根(どかこん)

 日本、台湾、中国の各地に分布しているウリ科のつる性多年草カラスウリ(Trichosanthes cucumeroides)の根を用いる。

 カラスウリは神農本草経では土瓜と呼ばれ、金匱要略に土瓜根という名で記載されているが、現在では一般に王瓜根と呼ばれている。種子も王瓜子と呼ばれ薬用にされる。同属植物のキカラスウリ(栝楼)の根は栝楼根としてよく知られているが、土瓜根はしばしば栝楼根の代用としても利用されてきた。

 カラスウリの根には多量のデンプンやアルギニン、コリンが含まれる。漢方では清熱・止渇・利尿・活血の効能があり、熱による口渇や尿量減少、扁桃炎、月経異常、打撲傷などに用いる。

 月経困難症や月経の回数が多いときには桂枝・芍薬・シャ虫と配合する(土瓜根散)。日本の民間では催乳薬としても知られ、母乳の出をよくするために用いる。また根のデンプンを天花粉あるいは「汗しらず」と称して夏の汗疹に用いられている。ただし天花粉というのは、本来、栝楼根のことをいう。

広告を非表示にする