読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

木防已

○木防已(もくぼうい)

 中国、台湾、日本に分布し、日本の本州、四国、九州などに普通に見られるツヅラフジ科の落葉つる性植物アオツヅラフジ(Cocculus trilobus)の根茎および根を用いる。若いつるの部分が青いためにアオツヅラフジの名がある。

 中国でもアオツヅラフジの植物名を木防已というが、今日、中国市場で木防已として流通しているのは主にウマノスズクサ科の広防已(Aristolochia fangchi)や漢中防已(A.hetrophylla)の根といわれている。現在、日本では木防已の市場性はなく、一般には利用されていない。たとえばエキス剤の木防已湯にも木防已ではなく、防已(漢防已)が配合されている。

 アオツヅラフジにはトリロピンやトリロバミン、マグノフロリンなどのアルカロイドが含まれ、解熱、降圧などの作用が報告されている。一方、ウマノスズクサ科の広防已や漢中防已な含まれるアリストロキア酸は腎障害を起こすことが報告されている。

 いずれも漢方では利水・止痛の効能があり、浮腫や脚気、関節の水腫や疼痛などに用いる。これらの効能は防已(漢防已)とほぼ同じであるが、止痛作用は木防已のほうが優れ、利水作用は漢防已のほうが優れている。
広告を非表示にする