漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

徐長卿

○徐長卿(じょちょうけい)

 日本各地及び東南アジアの温帯に分布するガガイモ科の多年草スズサイコ(Cynanchum paniculatum)の根及び根の付いた全草を用いる。全草にはペオノール、サイコスチン、根にはペオノール、フラボノイド配糖体、アミノ酸などが含まれ、鎮静、降圧、抗菌作用などが報告されている。

 漢方では去風湿・止痛・利水消種の効能があり、リウマチなどの関節痛、胃痛、歯痛、生理痛、気管支炎、蛇咬傷、浮腫などに内服薬として用いる。また単独で粉末にしたものを乗り物酔いに服用する。そのほか皮膚掻痒症には煎剤で患部を洗うとよい。民間では打撲、捻挫に生のスズサイコの汁を用いている。

広告を非表示にする