漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

翻白草

○翻白草(ほんぱくそう)

 日本の近畿地方以西、朝鮮半島、中国に分布するバラ科の多年草ツチグリ(Potentilladiscolor)の根を含む全草を用いる。

 花が開花する前に蕾をつけたまま採取する。葉の裏が綿毛のために白くみえることから翻白草、肥厚した根がそのまま食べられることからツチグリという名がある。中国の多くの地区でカワラサイコ(P.chinensis)り全草を翻白草と呼ぶこともある。

 成分にはタンニンやフラボノイドが含まれるが、詳細は不明である。漢方では清熱解毒・止血の効能があり、細菌性腸炎や肺炎、下血や喀血に用いる。また皮膚炎に煎液を外用する。
広告を非表示にする