漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

王瓜仁

○王瓜仁(おうかにん)

 日本の本州、四国、九州、台湾、中国に分布するウリ科のつる性多年草カラスウリ(Trichosanthes cucumeroides)の種子を用いる。カラスウリは王瓜あるいは土瓜とも称し、王瓜仁は土瓜仁とも呼ばれる。根も薬用にされ、土瓜根という。なお同属植物のキカラスウリ(T.kirilowii var.japonica)は栝楼と称し、漢方薬としては、この栝楼仁栝楼根の方が重要である。

 カラスウリの種子の中央には特徴的な帯状の隆起がある。種子の成分としてはトリコサント酸などの脂肪酸や有機酸などが知られている。官報では清熱・涼血の効能があり、肺結核などによる喀血や鼻血、下血、黄疸などに用いる。なおカラスウリの果汁や果肉はしもやけやあかぎれの外用薬として用いられる。

広告を非表示にする