読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢方生薬辞典

約780種の生薬を五十音順に紹介。日本の漢方薬や伝統薬に配合されている和漢生薬、民間薬、ハーブなども紹介。

スポンサーリンク

巴戟天

○巴戟天(はげきてん)

 中国の広東・広西・福建省などに自生し、栽培されているアカネ科のつる性常緑木本ハゲキテン(morinda officinalis)の根を用いる。日本の屋久島や沖縄には同属植物のハナガサノキ(M.umbellata)があり、ハナガサノキの根も中国では羊角藤と称して巴戟天と同様に用いている。

 根にはモリンジンなどが含まれるが、薬理作用は不詳である。漢方では補陽・強筋骨・去風湿の効能があり、頻尿、失禁、インポテンツ、不妊、下腹部冷痛、腰痛などの腎陽虚症状、下肢の筋力低下や関節痛などに用いる。

 淫羊霍と同様に滋養強壮作用があるが、巴戟天の性質は温潤であり、温であっても燥ではないという特徴がある。腰痛や肩こり、疲労、老化現象には人参・当帰・鹿茸などと配合する(ナンパオ)。そのほか中国から輸入されている参茸丸や至宝三鞭丸などの滋養強壮薬にも配合されている。

広告を非表示にする